病気に関する説明や理解|見逃して欲しくないうつの症状を確認【肉体的にもつらい症状】

サイトメニュー

病気に関する説明や理解

女の人

誰もが不安となる治療

1人1人症状の現れ方は違うし、重くるしい症状の日もあれば、軽い日もあって、重症度も違います。精神科・心療内科での治療の柱は、十分な休養と薬による療法ですが、治療方針を固めるのは医師と本人です。もしも希望する療法があるなら、まず考えて欲しいのは、殆どの場合、保険が適応されない費用の問題です。優れた効果が知られていて、保険が適応されるのは認知行動療法ですが、実施できる医療機関はごくわずかです。また、適応される条件となるのは、医師か教育を受けた看護師が行う場合に限定されています。病気を治すためには、現実問題から眼を背けることはできません。うつの症状の根本にあるのは、ストレスとも言われています。ストレスを抱え込みやすい考えや行動に変化が見えづらいなら、再発してしまう可能性も否定はできないのです。ストレス対応力を育てるそのための方法として有効なのは、精神療法であるのは確かです。治療費がかかる療法については、説明と同意という意味のインフォームドコンセントが採用されています。難しい病気や専門的な治療法であっても、医師はその内容について、患者の理解を得られるように説明しなければなりません。また、本人も治療を任せっきりにするのではなく、うつについて知識を持たなければなりません。保険制度の関係で高額治療になりやすい療法ですが、それでもインフォームドコンセントのおかげで医師と本人はお互いに理解し合うことができます。治療法も進化し、多くの患者が社会復帰を果たしています。ですが、治療はある程度の時間がかかるため、取り組む根気強さが必要です。症状は抗うつ剤でラクにできますが、自己判断で服用や通院を中断すると、再発の可能性が高くなります。精神科・心療内科でどのような治療をしていくにしても、少し行動が取れるようになったら、生活習慣を整えていく努力も欠かせません。必要以上に悪い結果を想像してしまい、動きが取れないかもしれませんが、初めてのことに人は躊躇してしまうものです。無心で行動してみると、想像したほど悪いことは起こらないもので、この考え方は行動活性化療法としても用いられています。もちろん、病態に合わせて少しずつ整えていきましょう。朝の光を浴びたり、規則正しい時間で寝起きしたり、可能な範囲で体を動かすこともうつの回復を助けます。ですが、ストレスのもろさが残ってしまう可能性も多少あります。調子を崩しやすい状態が続くので、維持療法として薬の服用はしばらくの間継続する必要が出てきます。目安は、半年から長くて1年程です。うつは、症状が軽いうちに治療を始めれば、予後もよくなる傾向ですから、苦しい病態が続くのであれば、抱え込まずに医師にアドバイスを求めましょう。自分の意志の弱さが再発を招くのではありません。もしも悪い結果になったとしても、想像していたほどダメージを受けていないことに気付くこともあります。