見逃して欲しくないうつの症状を確認【肉体的にもつらい症状】

サイトメニュー

看護師

老人性と若年性

体調不良などの症状を伴う老人性のうつは、仕事上の対人関係が原因で発病することは少なく、定年退職や配偶者の他界などが主原因です。一方、小中学生における若年性のうつは、感情の起伏が激しいのが特徴で、環境的要素や心の葛藤などが原因とされています。

詳しく見る

医者

薬と精神療法で治す

医療機関でのうつ病治療は、対話で心身の不調を明確にすることからスタートし、薬物療法と精神療法で治していきます。うつ病を防ぐには限界を超えた用件は抱えないほか、症状がなくても精神科や心療内科へ行き、愚痴などを話してスッキリさせるのが得策です。

詳しく見る

女の人

病気に関する説明や理解

うつは、症状によって完治までの道のりは長く、治療費だけがかかってしまう懸念もありますが、携わる医師は患者の味方ですから、安心して頼っていただきたい存在です。初めての療法や体の変化に戸惑う人にとって、一番の理解者になって回復へと導きます。

詳しく見る

カウンセリング

適切な薬がもらえる

一人で悩んでいれば悪化するうつ病も、病院へ通えば医師と一緒に問題に向き合えるほか、豊富な選択肢の中から自分に合った薬を出してくれるのもメリットです。そして、うつ病の症状を治すために通院する際は、しゃべりやすい雰囲気の医療施設を選びましょう。

詳しく見る

気分障害になりやすい性格

鬱

様々なタイプに分類できる

明るく社交的な性格だった人が急にふさぎこむようになり、家に引きこもりがちになってしまうことがあります。そのような急激な性格の変化はうつ病が原因かもしれません。うつ病は気分障害ともよばれ、様々な種類に分類できます。その中で最も多いのが大うつ病性障害と呼ばれるものです。これは気分の落ち込みや意欲の喪失、思考力の低下などの症状が出ます。精神面の変化だけでなく発症すると頭痛や便秘、倦怠感といった肉体的にもつらい症状に悩まされることもあります。症状の出方や重さは人によって様々で、軽度の場合はなかなか病気に気づきにくいということもよくあるのです。うつ病になる人の特徴は物事を深刻に考えこんだり、気持ちの切り替えがなかなかできなかったりする人に多く見られます。また責任感が強いため必要以上に頑張ってしまい、それがストレスとなりこの病気になってしまう人もいます。真面目で心優しく考えをうまく伝えられないというような人もこの病気になりやすいタイプだと言えます。病気を回避するためには常にストレスをため込まないように、その人なりの対策をしていくことが大事です。趣味や休養、旅行など忙しい毎日の中で息抜きできるものを見つけることが大切なのです。うつ病は大うつ病性障害のほかに双極性障害と呼ばれるものもあります。双極性障害はマイナスな気分とハイテンションな気分が交互に出る症状が特徴の病気です。何日も陽気に過ごしてした人が急に暗い性格になってしまったりします。朝と夕方では全く別人のような性格に代わってしまうこともあります。テンションの高い躁状態の時も問題がないわけではありません。これは病気ですからいくら活動的な生活をしていても集中力にかけるため失敗が多くなります。また何事も上の空で行うため忘れっぽくなり物事がうまくはかどりません。そのほかに否定型うつ病と呼ばれるタイプもあり、これは若い女性に多く見られます。これは以前まで病気だとはみなされず性格の問題だと考えられていました。軽度の落ち込みや思考力の欠如といった症状があらわれます。大うつ病性障害は睡眠不足や食欲不振になるのに対して、否定型のタイプは食欲増加や過眠などの症状が出ます。そのため体重が増加してしまい、さらにそれがストレスとなってしまう人も多いのです。また気分変調症性障害と呼ばれるタイプもあり、これは比較的軽いうつの症状があらわれます。この場合は睡眠障害のほかに食欲不振などの症状が出ますが中には過食症になる人もいます。

人気記事

看護師

老人性と若年性

体調不良などの症状を伴う老人性のうつは、仕事上の対人関係が原因で発病することは少なく、定年退職や配偶者の他界などが主原因です。一方、小中学生における若年性のうつは、感情の起伏が激しいのが特徴で、環境的要素や心の葛藤などが原因とされています。

詳しく見る

医者

薬と精神療法で治す

医療機関でのうつ病治療は、対話で心身の不調を明確にすることからスタートし、薬物療法と精神療法で治していきます。うつ病を防ぐには限界を超えた用件は抱えないほか、症状がなくても精神科や心療内科へ行き、愚痴などを話してスッキリさせるのが得策です。

詳しく見る

女の人

病気に関する説明や理解

うつは、症状によって完治までの道のりは長く、治療費だけがかかってしまう懸念もありますが、携わる医師は患者の味方ですから、安心して頼っていただきたい存在です。初めての療法や体の変化に戸惑う人にとって、一番の理解者になって回復へと導きます。

詳しく見る

カウンセリング

適切な薬がもらえる

一人で悩んでいれば悪化するうつ病も、病院へ通えば医師と一緒に問題に向き合えるほか、豊富な選択肢の中から自分に合った薬を出してくれるのもメリットです。そして、うつ病の症状を治すために通院する際は、しゃべりやすい雰囲気の医療施設を選びましょう。

詳しく見る